ダイヤルイン番号(DIN)って、どうやって使うの?

ダイヤルイン番号 API

ダイヤルイン番号 (DIN) は、着信用の地域番号で、オンライン契約いただける番号です。 契約した番号に、パラメーターを設定することで、 着信した電話に、.mp3ファイルに準備した音声で応答したり、 テキスト読み上げ機能(TTS)を使ってカスタマイズメッセージで応答したり、 実際に着信を受け取りたい番号へ転送したり、 ボイスメールに伝言を受け取って保存したりできます。

ダイヤルイン番号 API の使い方

  1. 取得可能な番号を探す
    検索すると、取得可能な番号が表示されます。気に入った番号が見つかったら、 din_uid を控えておいてください。
    XoxzoのAPIにてご契約可能な、各国のプレフィックスは 料金ページよりご確認いただけます。
  2. 番号を契約する
    控えておいた din_uid を使って、ダイヤルイン番号を取得しましょう。
    「ちょっとお試しで使ってみたいけど、一ヶ月分の料金を払うのは・・・」という場合には、番号契約後24時間以内にその番号を解約してください。料金ページに表示の 24時間以内の費用 が適用されます。
    これで、ご自分の電話番号を取得できました。
  3. ダイヤルイン番号にアクションを関連付ける
    契約した番号に、action_url を設定してください。
    番号へ着信があると、action_url にて指定したURLに、GET リクエストが送られて、どのように応答するかのコマンドを受け取ります。
  4. アクション URLにアクションコマンドを設定する
    action_url から、下記のアクションコマンドを返してください。

    アクション 動作
    playback mp3 を再生する
    transfer 別の電話番号へ転送する
    say 指定したテキストを読み上げる (Text-to-Speech)
    voicemail アカウントにボイスメールを保存する
  5. これで、契約したダイヤルイン番号で、着信を受ける準備ができました!

ダイアルイン番号取得に、更なる付加価値「ローカル発信者番号」

しかも、取得した番号を、更に便利にご利用いただくことができます。これが、音声通話APIの「ローカル発信者番号」オプション です。

Xoxzoのダイアルイン番号を取得することにより、音声APIにてAPIより日本国内向けの発信を行う際、通常は発信者番号として使用できない国内番号を、表示することが可能になります。

「ローカル発信者番号」オプションご利用までの流れ

  1. ダイアルイン番号を探す
  2. ダイアルイン番号を取得する
    参照:音声電話着信料金
  3. 音声APIJP向けのオプション・パラメーターを使い利用する
    参照:音声電話発信料金(ローカル発信者番号)

*複数の国内番号を発信者番号として表示する場合、複数のダイアルイン番号を取得してください。

このオプションの料金につきましては、Xoxzoの音声通話料金ページを、サービス内容に関しては、ダイアルイン番号のご案内ページをご参照ください。